妊娠を感じたら気を付けるべ5か条

葉酸サプリの選び方

妊娠を感じて可能性のある場合には、赤ちゃんや自分の体のためにすぐにできることは気を付けておきましょう。

 

あとから「やっておけばよかった・・」など不安になるよりやっておく方が安心です。

 

 

みんなが妊娠して気を付けたいことは!

 

 

禁煙・禁酒

 

たばこやお酒はおなかの赤ちゃんに悪影響です。

 

たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させるので赤ちゃんにとって大切な酸素や栄養が届きにくくなります。

 

アルコールもママの体に入れば、胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。

 

両方とも赤ちゃんに悪そうなイメージですがその通りです。

 

 

カフェインを摂らない

 

カフェインも胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。
なので大量に摂るのは避けたいところです。

 

コーヒーや紅茶、緑茶などはカフェインが入っているのであまりガブガブ飲まないようにしましょう。
最近ではノンカフェインの飲み物も販売されているのでチェックしておきましょう。

 

 

ローヒールの靴にしましょう。

 

妊娠中は転倒しやすくなります。
もし万が一転倒しておなかでも打ったら大変です。おなかが大きくなると足元がみえなくなったり大変です。
できるだけローヒールの靴を履いて転んでしますようなリスクをなくしましょう。

 

 

運転は控えましょう。

 

車に乗らない生活は不便ですが、妊娠すると反射神経が鈍ります。

 

また集中力が落ちたり、ホルモンの影響で眠りやすくなることも
なるべく基本的には車に乗らないようにしましょう。

 

 

薬やサプリは控えましょう。

 

薬やサプリの中には赤ちゃんに影響を及ぼすものが入っている可能性があります。
赤ちゃんのために作られた葉酸サプリなら大丈夫ですが市販薬や他のサプリはお医者さんに相談してから使うようにしましょう。

 

関連ページ

妊娠中控えるべき食べ物
妊娠したら絶対に食べてはダメ!というものはないけれどできるだけ控えたほうが良いものはあります。注意すべき食べ物をチェックしておきましょう。
妊娠中控えるべき飲み物
妊娠したらできるだけ控えたほうが良いものと絶対の飲まないようにすべきものあります。注意すべき飲み物は早めにチェックしておきましょう。