妊娠中控えたほうが良い飲み物、注意したい事とは?

妊娠中控えたほうが良い飲み物

妊娠したらできるだけ控えたほうが良い飲み物と絶対の飲まないようにすべきものあります。

 

そんなときはこちらを確認しておけば大丈夫です。
注意すべき飲み物は早めにチェックしておきましょう。

 

妊娠したらできるだけ控えたほうが良い飲み物

 

コーヒー

 

コーヒーのカフェインは胎盤を通じて胎児に届きます。
胎児はカフェインの排出機能が低いので妊婦さんのカフェインは1日200mgまでにしましょう。
コーヒー1杯あたり約120mgなので1日1杯程度にしましょう。

 

 

日本茶・紅茶・ウーロン茶

 

前茶には1杯約40mg、玉露には1杯約320mg、紅茶には約60mg
ウーロン茶には約40mgのカフェインが含まれるので1日1杯~2杯程度にとどめましょう。

 

 

ハーブティー

 

基本的にノンカフェインですが、妊娠中はものによって避けた方がいいものも、セージ・ローズマリー
マテ・アンジェリカなどは専門家に相談しましょう。

 

炭酸飲料

 

炭酸飲料の中にはコーラなどカフェインが含まれているものがあります。
また全体的に糖分が多いので控えた方がいいでしょう。

 

 

妊娠したら絶対の飲まないようにすべきもの

 

 

アルコール飲料

 

妊娠中控えたほうが良い飲み物

アルコールは胎盤を通じて赤ちゃんに届くため、大量摂取はNG
赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性があるので妊娠中はぜったいに禁酒しましょう・

関連ページ

妊娠前の5か条
あなたがもし妊娠を感じたらおなかの赤ちゃんのため、ママになる自分の体のために、こちらの5か条は注意しておきましょう。
妊娠中控えるべき食べ物
妊娠したら絶対に食べてはダメ!というものはないけれどできるだけ控えたほうが良いものはあります。注意すべき食べ物をチェックしておきましょう。